育毛・発毛に効果的な成分

100%髪の毛が生える!?発毛成分ミノキシジルの効果や副作用まとめ

更新日:

ミノキシジル
髪の毛を生やすには、発毛剤を使用するほかありません。発毛剤は育毛剤とは違い、髪の毛を生やす効果のあることが医学的に認められた製品です。

特に、ミノキシジル系の発毛剤は街のドラッグストアでも購入することができ、薄毛に悩む多くの人々に重宝されています。

「ミノキシジル、聞いたことはあるけど本当に発毛効果はあるの?」
「副作用の危険性はある?」

当記事ではそんな皆さんの疑問にお答えすべく、ミノキシジルの効果や副作用などについてお話ししたいと思います。

髪ングsoon
ぜひ当記事をチェックして、皆さんも発毛にチャレンジしてみてくださいね!

ミノキシジルってどういう成分?発毛効果は本当にあるの?

ミノキシジルの効果や成分
皆さんが最も気になるのは、ミノキシジルに本当に発毛効果があるのかということだと思います。

これについては初めにはっきりさせておきたいのですが、ミノキシジルは本当に発毛効果を有するものであり、我が国で「医薬品」として認可されています。怪しい毛生え薬とは全然違うのです。

ではミノキシジルとはどういう成分で、なぜ髪の毛が生えるようになるのか?また、どのようなタイプの薄毛にも対応可能なのか?

ここではミノキシジルの効果についてお話しいたします。

元々は血管拡張薬

ミノキシジルはもともと、血管拡張薬として作られたものです。医療の現場で使用されるなかで、血管拡張作用とは別に発毛作用のあることがわかり、後に発毛剤に転用されました。

つまりミノキシジルの発毛効果は、ひとつの「副作用」であったわけですね。

副作用というと悪いイメージを持つ方も多いかもしれませんが、副作用とは副次的な作用のことであって、それが人間に利益をもたらすケースも少なくありません。その一例がミノキシジルの発毛効果なんですね。

ちなみに、ミノキシジルは海外ではロゲインという名前で販売されています。

日本でミノキシジル発毛剤を始めて製作したのは大正製薬であり、その代表的な商品「リアップ」は現在に至るまで、本当に髪の毛の生える医薬品として薄毛の方々に愛用されています。

もともとは副作用からそのはたらきを転換させたんだね!すごい!
髪ングsoon
そうなんです!発毛作用を利用してみよう!という流れになったんですね!

毛が生える仕組みはわかっていない?

ミノキシジルには明確な発毛効果がありますが、なぜ髪の毛が生えるようになるのか、その真相は実は明らかになっておりません。

用量用法を守るかぎり安全性に問題がないことは現在では確認されていますが、発毛の仕組みについてはまだわかっていないんですよね。

そのため、なぜミノキシジルを使うと髪の毛が生えるのかという説明は、クリニックや医療系サイトごとに微妙に異なっていたりします。

最も多いのが、

「ミノキシジルを使用すると血管が拡張され、頭皮に栄養が行き渡るため、髪の毛が生えるようになる」

という説明でしょう。一見もっともらしいのですが、だったら血管拡張作用のある成分はすべて発毛剤になり得るのでは?という疑問もわいてきます。

実際、血管拡張作用があっても発毛剤として認められていない成分や薬は数知れず存在しますからね。

だとすると、血管拡張という部分は発毛とは関係ないのではないかと思われてきます。

最近ではミノキシジルの発毛効果を血行促進に加え「毛母細胞(毛の根元の細胞)の活性化」で説明することも多いのですが、こちらのほうが説得力があるように感じますね。

ただ、ミノキシジルがどのようなプロセスで毛法を刺激するのか、活性化させるのかというところまではわかっておらず、あいまいな説明がなされることも多々あります。

しかしいずれにせよ、ミノキシジルに発毛効果があることは事実です。そのメカニズムについては今後の研究によって明らかになるかもしれませんね。

AGA以外の脱毛症には効果がない?

ミノキシジルはAGAの特効薬のように宣伝され、時には「AGA以外の脱毛には効果が無い」とまで言われることがあります。

確かに、ミノキシジルはAGAの方に特に強力な発毛効果を発揮するようですが、AGA以外の脱毛にまったく効果がないのかどうかは、断言できるものではないと思います。

もしミノキシジルの発毛作用が血管拡張に起因するものであるなら、AGA以外の脱毛症にも効果を発するはずです。

あるいは細胞の活性化に起因するのなら、その人の頭皮の細胞が生きているかぎり、どのような脱毛症にもやはり効果を発揮するはずです。

ミノキシジルの発毛効果のメカニズムがまだはっきりしていない以上、AGA以外に効果が無いと断言することはできないのではないかと私は思います。自分がAGAかどうかわからない方も一度試してみる価値はあるでしょう。

ただし、火傷などのけがによる薄毛(皮膚や毛根が傷つき、髪の毛が生える状態ではなくなった結果起こる薄毛)は、ミノキシジルでは改善しません。

あくまで、髪の毛が自然と薄くなってくる症状に対してのみ効果を発揮するものだと考えてください。

髪ングsoon
発毛作用があるとはいえ、全ての症状に効果があるわけではないんですね!

効果が表れるのは3、4か月後

ミノキシジルの効果が表れるのは、使用開始からおおよそ3、4ヵ月後です。それも当然といえば当然ですね。

ミノキシジルを塗布した日から徐々に頭皮環境が改善され、髪の毛が生え育つ環境が整い、そうしてから髪の毛が生え伸びてくるわけですから、それなりの時間は必要です。

ミノキシジルには即効性はありません。塗った翌日に生えてくるということはまずないと思ってください。

できれば半年、最低でも3ヵ月は使用を続けたいところです。

使用を中止すると効果がなくなる?

そしてぜひ知っておいていただきたいのは、ミノキシジルの効果は、ミノキシジルを使用している間しか発揮されないということです。

プロペシアなどの他の発毛剤もそうなのですが、発毛剤というものは、薄毛を根本から完全に治療するものではないんですね。発毛剤の使用を中止すると、髪の毛はまた元の状態に戻ってしまいます。

しかし、逆に言えば薬を使用している最中はふさふさの状態が保たれるということです。その間に、育毛剤を使って頭皮環境を整えたり、生活習慣を改善したりすれば、薄毛の根本の原因を多少なりとも除去することができます。

そうなれば、髪の毛も今までよりさらに元気になってくることでしょう。

いつまでも若々しい髪の毛、頭皮を維持したいのであれば、長期的な発毛剤使用とスカルプケアは欠かせません。

発毛剤自体は1本1万円未満で手に入りますので、お金がかかりすぎて続けられないということもないと思います。

髪の毛が生えたからといって発毛剤の使用を中止することのないように気を付けましょう。

効果が出たからといって、私用をやめてしまっては意味がないという事か....

ミノキシジルに副作用ってあるの?

ミノキシジルの副作用
では次に、ミノキシジルの副作用についてお話しいたします。

ミノキシジル発毛剤は改良に改良を重ねられ、現在では非常に安全性の高い薬となっていますが、人体に悪影響を及ぼす副作用がないわけではありません。

以下にミノキシジル使用で発生し得る副作用をご紹介いたします。

頭皮のかゆみ

ミノキシジルに最も多い副作用がこれです。ミノキシジルを使用する(頭皮に振りかける)と、頭皮のかゆみが生じる場合があります。

これは一種の軽度のアレルギー反応と見られており、人によってはそのかゆみが耐え難いものに感じられることもあるようです。

しかし、現在のミノキシジル系の発毛剤には、この副作用に対抗するため、メントールなどのかゆみを抑える成分が同時配合されていることがほとんどです。ですので、個人的にはそれほど気にする必要はないのかなと思います。

もし耐え難いほどのかゆみが生じた場合には、ただちに髪や頭皮を水またはお湯で洗い、尚も症状が続くようなら医師に相談をしてください。

頭皮のほてり

これもミノキシジルの副作用としては割と一般的だと思います。ミノキシジルには血管拡張作用があるため、使用すると頭皮の血行が良くなり、それによって頭皮が熱く感じることがあります。

ですがこの副作用についても、今の発毛剤にはメントール等の「ひんやり成分」が配合されていますから、あまり気にならないのではないかと思います。

ちなみに、メントールを肌につけるとなぜひんやりするのかというと、メントールが肌の「冷たさを感じる細胞」を刺激しているからです。

実際に肌の温度が下がるわけではなく、脳が「冷たい!」と錯覚しているわけですね。

母乳の成分変化

授乳中の女性は、ミノキシジル発毛剤の使用を控えたほうがよいでしょう。なぜなら、ミノキシジルは母乳の成分を変質させてしまうからです。要は頭皮から体内へ入り込んだミノキシジルが、母乳に混入してしまうんですね。

授乳中の子供がミノキシジルを摂取した場合どうなるのかは今のところわかっておりません。

何らかの悪影響を与える可能性もありますから、授乳中はミノキシジルの使用を控えたほうがよいでしょう。

それ以外の副作用

かゆみやほてり以外に、「ごくまれに」ではありますが、以下の副作用が発生する可能性があるようです。

ミノキシジルの副作用

薬液の使用箇所におけるニキビの発生
頭痛、意識朦朧
多毛症
性的不能
重い低血圧
不整脈、動悸
皮膚の紅潮
霞み目
手、足、顔のしびれや痛み
性欲減退
胸の痛み
急速な体重増加
下肢、手、足、顔のむくみ

※Wikipediaより

皮膚に現れる症状はともかく、それ以外のものは本当にミノキシジルが原因のものなのか疑わしいのですが、一応注意しておいたほうがよいでしょう。

もし何か体調に異変を感じたら、すぐに医師に相談することが大切です。

病院に行くとしたらどこに行くべき?

ではミノキシジルの副作用によって、頭皮のひどいかゆみや火照りなどが生じた場合は、病院の何科にかかればよいのでしょうか。

これは基本的には皮膚科などで問題ないのですが、できれば「薄毛治療クリニック」などの専門の病院を受診したいところです。

薄毛治療クリニックとは、文字通りAGAなどの薄毛治療を目的とするクリニックであり、プロペシアやミノキシジルといった発毛剤による副作用にも詳しい専門医が常勤しています。

その症状の改善や、今後それが出た場合に症状を緩和する方法などについて、詳しく教えてくれるはずです。もちろんお薬が出ることもあるでしょう。

ぜひ皆さんもお近くに薄毛治療クリニックがないか探してみてください。副作用のことで受診する際には、自分がどのような経緯で何の発毛剤を使っているのか、どのような使い方をしたのか、そういったことをお医者さんに具体的に説明できるようにしておいてくださいね。

日本の代表的なミノキシジル発毛剤とは?

ミノキシジルの発毛効果を体感するには、いったいどの商品を購入すればよいのでしょうか?

ここでは日本の代表的なミノキシジル発毛剤をご紹介いたします。

リアップ

リアップ
まずはやはり大正製薬のリアップですね。CMで見たことのある方も多いのではないでしょうか。リアップは国産ミノキシジル発毛剤の先駆けであり、今も多くの人々に愛されています。

リアップのミノキシジル濃度は国内最大濃度の5%で、これは価格は種類にもよりますが6,000円~8,000円ほど。1本60ml入りで、1本が1ヵ月分くらいのイメージですね。

ちなみに、ミノキシジル発毛剤は頭皮に直接ふりかけて使うものですから、男性向けというイメージがありますけれども、リアップには女性用の商品もありまして、それがリアップ リジェンヌです。

リアップ リジェンヌは、男性用のリアップよりもミノキシジル濃度が低くなっており、低刺激性の内容となっております。

ミノキシジルは女性の薄毛にも有効なんですね。

メディカルミノキ


続いてはメディカルミノキ。こちらはスカルプDが製作している発毛剤で、ミノキシジル配合濃度はリアップと同じ5%となっております。

ミノキシジル自体に効果の違いはありませんから、リアップとミノキどちらを使用すべきかは、値段や内容量などコスパの面から、あるいは配合成分から考えるとよいでしょう。

メディカルミノキの価格は、60ml入り1ヵ月分が7,800円。公式サイトからまとめ買いをすると割引が適用され、3本21,060円、④本27,000円となります。

メディカルミノキもリアップと同様にCMが放映されていますから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

こちらも医薬品として販売されているものですから、用量や用法は守るようにしてくださいね。

リグロEX


リグロEXは、ロート製薬が製作したミノキシジル発毛剤です。販売が開始されたのは2018年11月とごくごく最近のことですね。

ちなみ2018年はメディカルミノキと、後述のミノアップが販売を開始された年でもあります。それまでミノキシジル発毛剤といえばリアップしかなかったんですけれども、2018年に一気に他3つの発毛剤が販売され始め、利用者の選択肢が増えたんですね。

さて、このリグロEXの中身についてですが、ミノキシジルの濃度は5%と、前述の2商品と変わりません。さらに価格も60ml入り1本が税込7,560円と、これについてもあまり違いはないですね。

ではリグロEXを購入するメリットは何かというと、使いやすい、頭皮に塗りやすいということです。

リグロEXのボトル先端、薬剤の出てくる部分は、シャンプーブラシのような凹凸のある構造となっており、その部分を使ってまるで頭皮のマッサージを行うかのように、揉みこむようにして薬剤を頭皮に塗布することができます。

リアップが元祖ミノキシジル発毛剤で安心して使える商品、メディカルミノキがまとめ買いでお得になるリーズナブルな商品だとすれば、リグロEXは使い勝手がよく頭皮ケアを手軽に行える商品だといえるでしょう。

それぞれに特徴があって面白いですよね。

ミノアップ

ミノアップ
最後にご紹介するのは、東和薬品のミノアップです。こちらは2018年11月21日に販売の開始された、現在最後発の発毛剤ですね。

ミノキシジルの濃度は5%、1本60ml入りで1ヵ月分という部分は、他の発毛剤とかわりません。

ではミノアップの他の発毛剤とは違う部分、特徴とは何かというと、1本当たりの価格が最も安いことでしょう。

ミノアップは1本税込5,980円でネット販売されており、この価格は現在発毛剤の中でもっとも安いです。

ミノキシジルをとりあえずお試しで使ってみたいから安い商品が良い、長く続けていきたいからできるだけ出費を抑えたい、そういった方にはミノアップがおすすめですね。

海外の発毛剤には手を出さないこと

最後に注意点を一つだけ述べておきます。

薬の個人輸入サイトに行けば、ミノキシジルタブレットなどの海外の発毛剤を購入することができますが、そのようなものには決して手を出さないようにしてください。

まず、ミノキシジルの内服には重篤な副作用が伴う危険性があり、我が国ではミノキシジルタブレットなどの「飲むミノキシジル」の製造販売は許可されておりません。

海外では許可されているといっても、日本人とその国の人々では体の構造が違いますし、命に関わるような重篤な副作用が発生する恐れもありますから、ミノキシジルタブレット等には手を出さないようにしてください。

加えて、仮にそれが塗るタイプのミノキシジル発毛剤だったとしても、海外の薬を購入し使うというのは避けたほうがよいでしょう。

日本の安全基準をクリアしたものではありませんから、ひどい副作用や、混入した有害物質による体調不良などが発生する恐れがあります。

そのうえ、ミノキシジルを使ってすらいない「偽薬」を掴まされることもあるため、海外から個人輸入で発毛剤を買うというのは、やはり避けたほうがよいでしょう。

よくネットで海外製のものをみかけるけど、やっぱり危険なんですね!
髪ングsoon
はい!すべてが危険とは言えませんが、少なくとも国内製品よりはリスクが高いです!

ミノキシジルの効果や副作用まとめ

ミノキシジルの効果や副作用まとめ
以上、ミノキシジル発毛剤の効果や副作用、代表的な商品などをご紹介いたしました。

ミノキシジルは発毛効果のあることが医学的に認められたものであり、怪しい毛生え薬とは違って確かな発毛効果を有しています。

【育毛の極2019】で紹介している育毛剤とは別物なので、混同しないよう注意してくださいね。

ミノキシジルは医薬品のため、副作用が発生する可能性もあります。命に関わるようなことはほとんどありませんが、何か異変を感じたらすぐにでも医療機関を受診しましょう。その際には一度薄毛治療クリニックを受診されることをおすすめいたします。

今現在、ミノキシジル発毛剤はリアップ、メディカルミノキ、リグEX、ミノアップの4つ。

それぞれに特徴がありますから、その特徴を考慮したうえで、どれを使用するか決めてくださいね。

あなたも今すぐに、ミノキシジルで発毛&ふさふさを目指しましょう!

効果のある育毛剤&育毛サプリ

  • この記事を書いた人

髪ングsoon

20代後半から薄毛が目立ち始め、30歳の誕生日をきっかけに育毛に目覚めた「髪ングsoon」です! 本当に効く育毛剤の紹介や、薄毛を防ぐ食べ物や生活習慣など、お役に立てれば幸いです!

-育毛・発毛に効果的な成分

Copyright© 【育毛剤おすすめランキング2019】男女に人気の育毛剤や育毛サプリ比較 , 2019 All Rights Reserved.